カワサキマッハIII

本日ご紹介するのは、佐藤様のカワサキ・マッハV。

1968年より発売され当時の若者を魅了し、今現在も熱狂的なファンがいる伝説のバイク!60馬力という抜群の馬力を誇り、最高速度 200km/h、ゼロヨン加速 12.4秒 名実共に当時世界最速のバイクです。

-スペック-
製造期間:1968年〜 サイズ:2,095mm×840mm×1,080 mm 乾燥重量:174 kg エンジン:空冷2ストロークピストンバルブ並列3気筒 総排気量:498.7cc 圧縮比:6.8 最高出力:60hp/7,500rpm 最大トルク:5.85kg-m/7,000rpm

エンジンが始動せずとの事で入庫したマッハ、修理だけの予定が現代版マッハのフルカスタムになりました。

まずはヘッドから、ウエットブラスト加工で処理をし、燃焼室は鏡面加工です。

これは燃焼速度を上げる効果があります。


■シリンダ―
このシリンダーもウエットブラスト加工で、2STの命とも言えるポートの加工です。
バリを落としてコブラポート加工に、スリープとピストンはノンダメージでしたが、ボーリングとピストンリングの交換はいたしました。


■腰下廻りのオーバーホール
クランクはシール、ベアリングの交換に芯出しです。ミッションは謎のニュートラルギア抜けの症状が見られるので、マッハを得意とする当店では謎のニュートラルを改善し、クランクケースは鏡面仕上げです。


■足廻り
足廻りはゼファー750のフロント廻りを移植。リアはゼファー400のスイングアーム収まるように加工した後に移植しました。ホイルは750RSスポークホイールをチューブレス化し移植しました。
  

■外装
フロントフェンダーは、17インチ化したので純正ステンレスフェンダーをタイヤに合わせたフェンダーアーチにワンオフ加工。
フェンダーステーも全てワンオフ加工。


■チャンバー
ルーニーのチャンバーをスイングアームに合わせて加工し取り付けました。


■お披露目
淡路島バイクフェスタにてお披露目いたしました。